2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よろしくお願いします♪

練習状況(voce)

無料ブログはココログ

« 明日は東京へ・・・ | トップページ | 東京遠征、おしまい… »

2012年4月29日 (日)

東京1日目

今日は、まず渋谷で11時から念願の「はじまりの記憶」。
その後、晴海まで移動して昼過ぎから「合唱指揮コンクール」。
一通り終了したのが20時前でして、
審査がもつれてそうだったので、結果を聴かずにホテルへ移動。


ほっと、一息休憩中。 はぁ、これだけでもてんこ盛り(^^;

とにかく「はじまりの記憶」が圧巻だった。
杉本博司という人は・・・・ことばにならない。
彼のまなざしはいったい何をみているのだろう。。。
映画を見てはじめて、「はじまりの記憶」の意味が少しだけわかった気がする。
杉本さんの近年の創作活動を追ったドキュメンタリーなんだけど、
彼自身の言葉で語られるいろんなことが、明快で深い。。。

彼の感性が、ことばが、映像が、そこにたたずむ音楽が、
心をふるわせるのを感じ、なんだかわかんないけど涙が出た。
また観たい。。。彼の作品に会いに行きたい。。。そう思った。
たぶん、明日家に帰ったらDVDが届いているはず。
きっと観ると思うけど、また映画館で観たい。。。



気持ちざわめいたまま、「若い指揮者のための合唱指揮コンクール」へ
スタッフとして働いてる、ネット友達と「初めまして」のご挨拶。
パナムジカの方と、先月のお話などをかわしつつ。。。気持ちは通常モードへ。

プライマリの後半から聞かせていただきました。
指揮のコンクールって言うと、きちんと正式に指揮の勉強をした方ばかり
かと持ったら、そういうわけでもなく、
工学部出の学生指揮あがり(とは言っても勉強はしてる)の人もいたり、
必ずしも専門家ばかりでもないのが、ちょっと意外と言えば意外。

指揮法もそれぞれ個性的で、端正な人もいれば、かなり癖のある人も。
指揮者のコンクールであって、指揮法のコンクールじゃないですからね。
いろんな要素が観点として入ってくるのかなぁ。
興味深く、観させていただきました。

それぞれ個性があって「違い」はあっても、決定的な「差」はないように感じました。
その中でも、私的には・・・と、感じる3名の方が甲乙つけがたく思ってました。
結果として、その3人の方が、1位二人と2位なしの3位に選ばれていました。

でもねぇ、何が凄いって、モデル合唱団のアンサンブルPVDのみなさん。
休憩を挟みながらとはいえ、朝10時から夜8時まで、ずっと歌ってる。。。
しかも、同じ曲を違う指揮者でリハーサルして演奏する場面もあるんだけど、
その都度、指揮者の要求に瞬時に対応していくんだから、参ります。
プロじゃないんですよ、アマチュア合唱団ですよ!
聴衆もそれをわかっていて、彼らの入退場は万雷の拍手です。
審査員のお一人はスタンディングオベーションでしたよ。
いい音してたしなぁ。。。


さぁ、明日はセミナーふたつだ。
シャワー浴びて、早めに寝よっと。。。

« 明日は東京へ・・・ | トップページ | 東京遠征、おしまい… »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日は東京へ・・・ | トップページ | 東京遠征、おしまい… »