2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よろしくお願いします♪

練習状況(voce)

無料ブログはココログ

« 本日の練習 (4/11) | トップページ | カエルの王女さま »

2012年4月12日 (木)

ブログタイトル

今更なんですが・・・coldsweats01

このブログのタイトル「うたをうたうとき」の元ネタ、ご存じですよね?


僕が谷川俊太郎さんが大好きなのは、みなさんご存じですよね。
もうお一方、現代詩で好きなのが、まどみちおさん。
102歳の今もなお、詩作を続けていらっしゃいます。
有名どころは童謡・・・、「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」
「いちねんせいになったら」「ドロップスのうた」あたりでしょうか。
自らを「ふしぎがり」と呼ぶその視線を通して紡がれる言葉は、
シンプルなようでいて、胸をえぐられるほど深い。
そんなまどさんの詩は、谷川さんと同様、たくさん合唱曲になっています。

ブログを始めるときに、好きな詩のお題を拝借するのは
とってもありきたりな手口ではあるんですが、
あまり考えることなく、すっと浮かんだのがこの詩でした。
木下牧子さんや、信長高冨さんも曲をつけているこの詩、

**************************************

「うたをうたうとき」

うたを うたう とき
わたしは からだを ぬぎます

からだを ぬいで
こころ ひとつに なります

こころ ひとつに なって
かるがる とんでいくのです

うたが いきたい ところへ
うたよりも はやく  

そして 
あとから たどりつく うたを
やさしく むかえてあげるのです

うたを うたう とき
わたしは からだを ぬぎます

からだを ぬいで
こころ ひとつになって
かるがる とんでいくのです

************************************

こんなに自由に、想いのままに歌うことができたなら、
とっても素敵なことだと想いませんか?
「うたう」ということの、理想的な形のひとつ。
・・・・・憧れます。



ブログの内容は、タイトルに大負けしていますけどね(自爆)


« 本日の練習 (4/11) | トップページ | カエルの王女さま »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

すずらんの 指揮よろしくおねがいします。

とっても 心にせまる 詩 ですね。曲になっていますか?

歌って 本当に 言葉 が そのまんま 心に伝わって 人々がくちずさめ 元気をもらいます。

昨日  知り合いの開店したお店に 行き 習字の先生が 1枚1枚違う文句の書かれた色紙を

いただいてきて  その 文句を みて 涙がでました。

今の 私のかかえている 悩み 気持ち そのものでした。

「天を知る・・・・地を知る・・・・我を知る・・・・子を知る」

本当に そのとおり・・・・・
かかえていた 胸のつかえが とれた気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の練習 (4/11) | トップページ | カエルの王女さま »