2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よろしくお願いします♪

練習状況(voce)

無料ブログはココログ

« ウガンダでの少年兵 | トップページ | 今日の練習 (9/19) »

2012年9月17日 (月)

とりとめもなく、考える。。。

録画してあった<旅のチカラ(NHK-BS)>の
村治佳織編(タンザニア)と沖仁編(スペイン)を見た。
沖仁は伝説のカンタオールの歌伴をするために、
村治さんはクラシックを離れ「音楽が最初に生まれた場所」へ。
二人ともギタリストなんだけど、行った先には「うた」があった。


カンタオールたちの「魂のさけび」。。。
生活の中に常に音楽(うた)があるタンザニアの農村。。。

まったく違うんだけど、自分の中から湧き上がってくるもの

それが歌になったというところでは、同じ。
言いたいこと、伝えたいことがあるから、の、「うた」であり、
心を奮い立たせたり、生活に彩りを持たせるための「うた」。
心を自由にして解き放つ。。。
第一声で、心を持って行かれる説得力・・・が、あった。

僕がやっている音楽って、なんだろう?
僕は練習の時、自分の想いを押しつけてばかりじゃないのか?
みんなが、もっと想いを解き放って歌えるようになるには
どうしたらいいんだろうな??
  ・・って、またちょっと考えてしまった。

« ウガンダでの少年兵 | トップページ | 今日の練習 (9/19) »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウガンダでの少年兵 | トップページ | 今日の練習 (9/19) »